スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大掃除の由来

 正月を迎えるにあたり、家の内外を掃除する行事で、今では大掃除として年末の休みに入ってから行われています。

 しかし、江戸時代、江戸城では12月13日がすす払い日で、民家でも多くが13日をすす払いの日としていました。
 それは単に、掃除を行い衛生的に正月を迎えるというより、年神祭の準備のための信仰的な行事でした。つまり、正月を迎える物忌みの始まるのがこの13日で、そのための準備だったのです。

 江戸城内のすす払いでは、奥女中は通常用いていた白無地の手ぬぐいを染め模様の手ぬぐいにかえて神棚や城内を清め、年神宿としてその準備をしたそうです。

 今でも13日にすす払いを行うところは多く、徳島県の北部地方では殿様のすす払い日といって、神仏だけのすす払いを行います。大晦日近くになってから神棚、仏壇のすす払いだけを行う地方もあります。また東北地方の一部では、竹竿の先にわらをくくりつけた「すす男」という特別の道具を用い、使用後は戸外に立てておき、松明を灯し神酒を供えたりするところもあります。なお、寺院などで本尊のすすをとり払うことも「すす払い」といわれ、東京目黒の不動尊、浅草観世音のすす払いは12月12日に行われます。
スポンサーサイト

テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

コメント

プログのリンク集に登録しました

はじめまして
おそうじ新聞onlineの橋本といいます。

貴殿のプログを、当HPのおそうじをテーマにしたリンク集に登録しました。

よろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

チャレンジャー

  • Author:チャレンジャー
  • 2017年秋からハウスクリーニングのサービスを開始しようと準備しています。どのようなサービスを提供していくか只今鋭意検討中。是非、ご協力お願い致します。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。