スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸のごみ処理事情

 「大江戸リサイクル事情」石川英輔(講談社文庫)によると、江戸時代は徹底的なリサイクル社会だったとのことです。

 江戸時代の日本は原材料が貴重だったため、資材は徹底的にリサイクルしていました。そのため、江戸や大坂のような大都市でも、清潔で散乱ごみの見当たらない生活を送っていました。その理由としては、物を修理して大切に使い、ごみにしなかったことがあげられます。
 江戸時代には「職商人(しょくあきんど)」という業者が、修理を本業(ほんぎょう)としつつ下取りと新品の販売を行なっていました。

 「ちょうちんの張り替え」「錠前(じょうまえ)直し」「そろばん屋」「羅宇(らお)屋」<煙管(えんかん)屋>など。他に修理・再生専門業者もあって、これは専門の職人です。「鋳(い)かけ」(金属製品の修理)、「げたの歯入れ」「たが屋」<おけやたるのたがのはめ替え>、「とぎ屋」など。そして、回収業者はリサイクル業の主流で、不用品や捨てるものを各家庭を回って集めました。「紙屑(くず)買い」「古着屋」「かさの骨買い」「古樽買い」「ごみ取り」「肥(こえ)くみ」「灰買い」などです。

 しかし、それでもだめなら埋め立てていました。

 明暦元年(1655)、幕府はごみを永代島(えいたいじま)に捨てることとしました。市中から離れた場所に捨てるので船で運びます。これにともなって、江戸のごみ処理には収集・運搬(うんぱん)・処分のシステムが成立したのです。

 町には店(たな)ごとにごみ溜(だめ)がありました。表店(おもてだな)は各自で管理しましたが、裏店(うらだな)は共同で、設置・管理は大家の責任でした。こうして各家のごみはごみ溜に集まることになります。そして、このごみ溜から、ごみを船に積むまで集めておく場所が、大芥溜(おおあくただめ)です。大芥溜に溜まったごみは「突抜(つきぬけ)」という船の着岸(ちゃくがん)できる場所のごみ溜場に運ばれます。資料では延宝6(1678)年に神田佐久間町二丁目の和泉橋東に32 坪の大芥溜が設置された記録があります。周辺11ヵ町の共同芥溜で、町が管理していました。

 なお、永代島はごみ捨て場に指定されてから26 年後に役目を終え、以後は深川越中島後ろに変更されました。100万人を超える人口でありながらごみ排出(はいしゅつ)量の少なさを物語っているといえるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : お掃除の味方 - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

チャレンジャー

  • Author:チャレンジャー
  • 2017年秋からハウスクリーニングのサービスを開始しようと準備しています。どのようなサービスを提供していくか只今鋭意検討中。是非、ご協力お願い致します。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。