スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中世のゴミ・掃除事情

 中世ヨーロッパでは、ゴミは窓から捨てていたなんて話をテレビか何かで聞いたことがありますが、本当だったのでしょうか。「裏側からみた都市」という、都市を支える廃棄物処理システムの歴史的な経緯をたどり、いかにして下水道やゴミ処理が確立されていったか、もしくは確立されなかったのかを描いた本によると・・・  中世都市が非常に汚い……ありていに言って汚物にまみれた状態であったことは、わりと有名。道路には汚物やゴミが放置・投擲され、町中を豚などの動物が闊歩する……。しかしまあ、これはヨーロッパの中世都市に特有だったというわけでもないようで、イタリアなどの諸都市はローマ以来の下水道システムと清掃の習慣から、またドイツの小都市も(たぶん見栄の張り合いから)清掃の努力をしていたようです。

 そして、この本では中世都市に匹敵・凌駕しさえするような劣悪な状態の都市も紹介されています。ギリシャの栄光はなやかなりし時期のアテネ、産業革命後のロンドンです。

 アテネでは都市計画は皆無に等しく、誰もが小さな家に住み、自宅があまりにも不快なので、公共施設に出かけて議論や政治・哲学に没頭するしかないような状態だったらしいとか。入念な考古学的調査の結果、ついにトイレの形跡を発見できなかったアテネでは、どうやら家と家との間が便所かつゴミ捨て場となっていたとか。まあ、これではヨーロッパ最初の伝染病による大量死を経験したのもむべなるかな、というところです。

 19世紀のイギリス、特にロンドンははさらに凄まじいありさま。街路は厚さ一フィート(30cm)もの柔らかい汚物で被われ、生活廃水は溜まったまま水が蒸発するのを待つありさま。工業排水と煤煙に被われた当時のロンドンは人間の住むべき環境とはいえないものだったようで、ボーア戦争時(1900年ごろ)の徴兵検査で、4割の若者が廃人同様と診断されたとか。サイバーパンクの光景を地で行っている、いやもっと悲惨です。

 本では、とりあえず目につく悲惨な状況だけでなく、インダスやローマ初期などの高度に発達した下水道システムなどについても、しっかりと紹介しています。
スポンサーサイト

テーマ : 片付け・収納・お掃除 - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

チャレンジャー

  • Author:チャレンジャー
  • 2017年秋からハウスクリーニングのサービスを開始しようと準備しています。どのようなサービスを提供していくか只今鋭意検討中。是非、ご協力お願い致します。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。