スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の掃除の歴史 その3 明治時代の新潟

 明治11年に日本を旅行したイギリス人イザベラ・バードさんの旅行記「奥地日本紀行」によると、新潟の町は美しいほどに清潔なので、日光のときと同じように、このよくはききよめられた街路を泥靴で歩くのは気がひけるほどだったとのこと。

 わらや棒切れが一本でも、紙一枚でも散れば、たちまち拾いあげられて、片付けられ、どんな屑物でも、箱やバケツに入っていないときには、一瞬でも街路に捨てておくことはありませんでした。
スポンサーサイト

テーマ : お掃除の味方 - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

チャレンジャー

  • Author:チャレンジャー
  • 2017年秋からハウスクリーニングのサービスを開始しようと準備しています。どのようなサービスを提供していくか只今鋭意検討中。是非、ご協力お願い致します。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。