スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡本吏郎さんの「お金の現実」=時間の大切さ

 話題の本、岡本吏郎さんの「お金の現実」(ダイヤモンド社 1600円+税)を読みました。内容はお金を扱うノウハウなどではなく、「いかに人は生きるべきか」ということに集約されているような本なのですが、さまざま考えさせられました。  お金とは何か?ということにも勿論触れられているのですが、「お金とは~人の経験と時間を買うためにあると思う。時間を売って得たお金で時間を買う。そして、またお金を得る。こういった循環だ。(244頁)」
 ここにハウスクリーニング・ビジネスの肝があるように思うのです。有限な時間。これは誰にも等しく与えられています。仕事をし、家事をし、レジャーに出かけ、つきあいもあり、やりたいこと、やらなくてはならないことは沢山あるのに追いつかない。そこで家事代行サービスの出番となります。それは決して掃除や家事を代わってすることに価値があるのではなく、そのことで顧客が時間を手にいれることができる。そこに一番の価値があるのではないかと思うのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

チャレンジャー

  • Author:チャレンジャー
  • 2017年秋からハウスクリーニングのサービスを開始しようと準備しています。どのようなサービスを提供していくか只今鋭意検討中。是非、ご協力お願い致します。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。